フィリピンのカジノ旅に行くなら知っておくべきこと!

近年気軽に行ける海外として人気のフィリピン旅行。 そこで行く前にぜひ知っておきたいフィリピンの概要や人気スポットカジノなどの情報を紹介しています。

*

地域別にみるクレジットカード事情!使えるブランド編:フィリピンの場合

   

地域別にみるクレジットカード事情!使えるブランド編:フィリピンの場合

海外旅行でフィリピンに行こうとする場合、 気になることの一つがクレジットカードは使えるのかどうかということでしょう。

確かに海外ではクレジットカードは必需品とも言えるアイテムではありますが、

全ての国で同じように使えるかというと決してそんなことはないからです。

 

現実的にいうと、

フィリピンではまだまだ日本と同じようにクレジットカードが使えるというわけにはいきません。

そもそも、フィリピンの国民全体としてみたときに、まだまだカードを1枚も持っていない人が多いのです。

 

これが日本の場合、

国民一人当たりのカード発行枚数は約2枚となっています。

これは未成年者も含めた割合ですから、 成人に限って言えばさらに高くなり、

社会人であれば1枚や2枚は誰でも持っているという感覚に近くなるでしょう。

 

しかしフィリピンではそうではないということです。

日本に住んでいたら当たり前の銀行口座なんかも、

日本であれば、子供でももっていそうな銀行口座の 保有率が3~4割ぐらいだとか・・・

でも、スマホは普及しているのだとか・・・

現地の利用者がそのような状況なのですから、

必然的に使えるお店も限られてしまいます。

良く知られていることでしょうが、カードの加盟店となるには手数料がかかり、

使ってくれる人が多くないのに加盟だけすることはお店側にとって何のメリットもないからです。

 

ですから、

地元の人がよく使うようなお店では使えないことも多いというのを知っておきましょう。

 

逆に、海外からの観光客をメインで相手にしているようなお店、

ブランドショップや高級レストラン、ホテルなどではまず間違いなく使うことができるでしょう。

ブランドとしては、VISAとマスターが一般的です。

 

日本発で日本ではVISAやマスターと並んで有名なブランドにJCBがありますが、

残念ながらJCBはフィリピンでは一般的ではありません。

 

日本人がよく使うようなお店、ホテル、レストランなどを除けば、

ごく限られたお店以外ではJCBは使えないと思っておいたほうがよいでしょう。

ですから、 フィリピンに行くときには国際ブランドとして VISAかマスターのクレジットカードを持っていくことをおすすめします。

楽しい旅の参考にしてみてください。

 

でも、最近目覚しい発展を遂げているフィリピン。

しかも、投資適格国として格上げされたり、

世界の評価も高まりつつあるが、フィリピンです。

 

国策で外貨を稼ぐ為のカジノの誘致や出稼ぎの奨励などしている国ですので

これから、便利なってくるのは間違いないと思います・・・。

Pocket

ホテル最安値の簡単検索・比較サイト【トリバゴ】

 - フィリピン基本情報, 地域別にみるクレジットカード事情!使えるブランド編:フィリピンの場合